DeNA、新作ゲームは『takt op.(タクトオーパス)』やグローバル向け大型IPタイトルなど5本を下期中心にリリース予定

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、5月10日に発表した2022年3月期の決算で、新作パイプラインが5本であると発表した。従来から変更はないとのこと。『takt op.(タクトオーパス)』や、グローバル市場に向けた大型IPタイトルを下期(22年9月以降)を中心にリリースする予定。

『takt op.』については、2021年10月よりテレビアニメを放送したものの、ゲームのクオリティを上げるため、2021年内のリリース予定から延期すると発表していた。

なお、ガチャ以外のマネタイズの方法について質問を受けると、今後のタイトルの詳細は言えないとしながら、「IPに合致したゲーム性やマネタイズ方法を志向していくことに変わりはない。ユーザの反応を踏まえつつ、機動的にしっかり開発したい」と回答した。

 

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る