イー・ガーディアン、3月中間決算は営業益36%増の11億8200万円 ソーシャルサポート中心に拡大

イー・ガーディアン<6050>は、5月10日、第2四半期累計(21年10月~22年3月)の連結決算を発表し、売上高57億3900万円(前年同期比20.6%増)、営業利益11億8200万円(同36.2%増)、経常利益12億3400万円(同36.1%増)、最終利益9億6500万円(同100.0%増)だった。

・売上高:57億3900万円(同20.6%増)
・営業利益:11億8200万円(同36.2%増)
・経常利益:12億3400万円(同36.1%増)
・最終利益:9億6500万円(同100.0%増)

①ソーシャルサポート
売上高は32億5400万円(同34.4%増)となった。新型コロナウイルスの影響によるリモートワークの増加や外出自粛によって、インターネットサービスは需要が増えたもの、減少したもの等大小様々な影響が出ている。その中で、需要の拡大する動画監視及びキャッシュレス決済加盟店審査に対応するため、東京センターの拡大移転及び大阪センターの増床を行い、体制を強化した。

②ゲームサポート
売上高は10億4500万円(同7.0%減)となった。海外案件獲得を目的に、プロモーションに特化したURAWAZAと提携し、国内ゲーム会社の海外進出及び海外ゲーム会社の日本進出をサポートする体制を整備した。

③アド・プロセス
売上高は6億5500万円(同15.6%増)となった。CARTA HOLDINGSとの合弁会社であるビズテーラー・パートナーズとの連携を強化し、新規顧客開拓に注力した。

④サイバーセキュリティ
売上高は3億4400万円(同9.2%増)となった。脆弱性診断では、グループシナジーを強みに既存顧客への深耕営業や新規開拓を目指してきた。加えて、24時間365日の監視体制によって、外部からの侵入や不審動作を検知した際に迅速な対応を行う、SOC(Security Operation Center)サービスを開始した。

⑤その他
売上高は4億4000万円(同32.5%増)となった。EGテスティングサービスが、2021年12月に開設した八王子テストセンターを中心に、多面的機能テストの需要への対応を進めてきた。


■2022年9月通期
続く2022年9月通期の業績については、売上高110億1200万円(前期比10.9%増)、営業利益21億7000万円(同10.2%増)、経常利益22億0700万円(同8.2%増)、最終利益13億6000万円(同25.1%増)、EPS135.54円を見込む。

・売上高:110億1200万円(同10.9%増)
・営業利益:21億7000万円(同10.2%増)
・経常利益:22億0700万円(同8.2%増)
・最終利益:13億6000万円(同25.1%増)
・EPS:135.54円

計画に対する進捗率は、売上高52.1%、営業利益54.5%、経常利益55.9%、最終利益71.0%となっている。

・売上高:52.1%
・営業利益:54.5%
・経常利益:55.9%
・最終利益:71.0%

イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高99億3300万円、営業利益19億6800万円、経常利益20億4000万円、最終利益10億8600万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6050
企業データを見る