KLabの決算説明資料より…EAと共同開発中のタイトルはPvP対戦を行うサッカーSLGに フィリピンとシンガポール、インドでのCBTを実施予定

KLab<3656>は、本日(5月12日)、2022年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表した。その決算説明資料によると、同社とElectronic Arts(EA)の開発中の共同タイトルは、ワールドクラスのリーグに所属する600人以上のプレイヤーの中からチームを編成してPvP対戦を行うサッカーシミュレーションゲームだという。

本作は、今後の両社のモバイルオンラインゲーム事業の展開を占う、戦略的に重要なタイトルと位置付けられ、着実に開発が進行しており、フィリピンとシンガポール、インドにてGoogle Playでクローズドβテストを近々実施する予定となっている。

なお、正式版のタイトル名、リリース時期やゲームの概要などについては今後公表していくとしている。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る