【ゲーム株概況(5/24)】国内証券が目標株価引き上げのバンナムHDが3日続伸 カインズと資本業務提携のカヤックは往って来いに ドリコムは3日ぶりに反落

  • 5月24日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反落し、前日比253.38円安の2万6748.14円で取引を終えた。前日の2万7000円台乗せで目先達成感が出たことに加え、米国の金融引き締めなどへの警戒感も強く、朝方から軟調な推移が続いた。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、KLab<3656>が続伸したほか、グリー<3632>やミクシィ<2121>、東映アニメ<4816>が買われた。

    また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価を1万2300円から1万2900円に引き上げたバンダイナムコHD<7832>が3日続伸した。

    ワンダープラネット<4199>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>もしっかり。

    半面、ガーラ<4777>が5日ぶりに大幅反落し、enis<3667>やコムシード<3739>の下げもきつい。

    カヤック<3904>は、前日5月25日に発表したカインズとの資本業務提携などが評価され、朝方は回が先行したものの、約21億円の資金調達に伴う株式価値の希薄化への懸念もあり、買い一巡後は次第に売り物に押される形となった。

    この日の後場場中に2022年2月にサービスを開始した『ミコノート はれときどきけがれ』のサービスを2022年7月に終了することを発表したドリコム<3793>も3日ぶりに反落した。

株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高105億2800万円、営業利益15億9100万円、経常利益15億4100万円、最終利益8億700万円(2022年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3793
企業データを見る
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高125億6600万円、営業利益11億4300万円、経常利益12億6600万円、最終利益8億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3904
企業データを見る
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る