【ゲーム株概況(6/2)】東京通信が3日連続S高で4ケタ大台乗せ 東南アジアで『フリフユニバース 』好発進のガーラは大幅高 フリューは5日続伸

  • 6月2日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比44.01円安の2万7413.88円で取引を終えた。前日の米国市場安を受けて、朝方から売り物が先行し、一時は下げ幅200円超に達する場面もあった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東京通信<7359>が3日連続のストップ高となり、終値ベースで1000円大台乗せとなったほか、サイバーステップ<3810>やガーラ<4777>も大幅高した。

    ガーラは、子会社Gala Labが開発し、東南アジア向けにサービス開始したHTML5ゲーム『Flyff Universe (フリフユニバース )」が、サービス開始から13日目で売上高が8万4000ドル(日本円で約1億円)を突破したと先日発表したことが、引き続き市場の関心を集めているようだ。

    また、SMBC日興証券が投資判断「1」、目標株価2000円でカバレッジを開始したフリュー<6238>も5日続伸した。

    みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を9200円から1万600円に引き上げたコナミHD<9766>はしっかり。

    半面、enish<3667>やIGポート<3791>が売られ、サイバーエージェント<4751>やグリー<3632>、DeNA<2432>など主力株もさえない動きが目立った。

株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高3億5800万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9200万円の赤字、最終損益2億6600万円の赤字(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4777
企業データを見る
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
代表取締役社長 三嶋 隆
決算期
3月
直近業績
売上高340億5800万円、営業利益37億900万円、経常利益37億700万円、最終利益25億4400万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6238
企業データを見る