【ゲーム株概況(6/3)】『アリスフィクション』の事前登録を開始のワンダープラネットが急動意 新作情報を多数発表のカプコンは目先材料出尽くしに

  • 6月3日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比347.69円高の2万7761.57円で取引を終えた。米国金利の先高観がやや後退したことで米国市場が上昇し、国内市場にもその流れが波及した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーステップ<3810>がストップ高したほか、ドリコム<3793>やコムシード<3739>が高い。

    また、今夏に全世界同時配信を予定している新作スマートフォン向けゲーム『アリスフィクション』の事前登録を開始したことを発表したワンダープラネット<4199>が一時1950円まで買われるなど急動意を見せた。

    ほか、ケイブ<3760>やAiming<3911>、gumi<3903>なども買われた。

    半面、前日まで3日連続のストップ高となっていた東京通信<7359>は、一時1288円まで買われたものの、後場引けにかけて値を崩し、5日ぶりに反落した。

    「バイオハザード」関連タイトルや『ストリートファイター 6』など新作情報を多数発表したカプコン<9697>は、目先の好材料出尽くしとみた売り物に押されて続落した。

    同様に新作『ファイナルファンタジー16」を2023年夏に発売すると発表したスクウェア・エニックスHD<9684>も利益確定の売り物に押された。

    そのほか、ガーラ<4777>やテンダ<4198>、アピリッツ<4174>なども安い。

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1100億5400万円、営業利益429億900万円、経常利益443億3000万円、最終利益325億5300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る