タツノコプロ、22年3月期決算は最終益1900万円と黒字転換 『ワッチャプリマジ!』や『MUTEKING THE Dancing HERO』など【追記】

タツノコプロの2022年3月通期の決算は、売上高17億8500万円(前の期比8.5%増)、営業利益3000万円(同-)、経常利益3400万円(同-)、最終利益1900万円(前の期は3500万円の損失)と増収・黒字転換を達成した(営業利益と経常利益の前の期は開示されていないが損失計上していたとのこと)。

・売上高:17億8500万円(同8.5%増)
・営業利益:3000万円(同-)
・経常利益:3400万円(同-)
・最終利益:1900万円(同3500万円の損失)

同社は、日本テレビホールディングス<9404>のグループ会社で、テレビアニメやアニメ映画などの企画制作、版権管理などを行っている。この期における実績として、『ワッチャプリマジ!』や『キラッとプリ☆チャン』『MUTEKING THE Dancing HERO』などがある。


【追記】
7月21日付の「官報」にも「決算公告」が出ていたので掲載しておく。

 

株式会社タツノコプロ
https://tatsunoko.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社タツノコプロ
設立
1962年10月
代表者
代表取締役社長 門屋 大輔
企業データを見る