【ゲーム株概況(7/7)】引け後に3Q決算の発表控えたトーセに先回り買い 減損計上&新株予約権発行による希薄化懸念でKLabが5日続落 ANYCOLORは反発

  • 7月7日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比382.88円高の2万6490.53円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)の内容が想定の範囲にとどまったことで、米国の一段の金融引き締めに対する市場の警戒感がやや後退した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アエリア<3758>が続伸し、一時ストップ高まで買われたほか、東京通信<7359>やモバイルファクトリー<3912>、トーセ<4728>などが高い。トーセは、先日、スクウェア・エニックスが12月9日に発売することを発表した『ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤』の企画・開発に参加していることが明らかになっており、大引け後の第3四半期決算発表への期待が膨らむ形となったようだ。

    また、前日売られたソニーグループ<6758>が反発したほか、ANYCOLOR<5032>も反発となったが、終値での6000円回復には届かなかった。

    半面、ワンダープラネット<4199>やDLE<3686>が反落し、enish<3667>やモブキャストHD<3664>も売られた。

    昨年12月14日にリリースした『ラピスリライツ』の減損処理による減損損失4億1000万円を計上することを発表したKLab<3656>は、同日発表の新株予約権の発行による資金調達の実施による希薄化懸念も相まって5日続落となり、終値で500円台を割り込んだ。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社トーセ
http://www.tose.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社トーセ
設立
1979年11月
代表者
代表取締役会長 齋藤 茂/代表取締役社長 渡辺 康人
決算期
8月
直近業績
売上高56億3500万円、営業利益3億6500万円、経常利益3億8700万円、最終利益2億2700万円(2020年8月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4728
企業データを見る