coly、第2四半期(2~7月)決算は1.7億円の営業赤字に 開発体制・組織体制強化のための費用が増加 新作『&0』リリースも既存タイトルの減衰をカバーできず

  • coly<4175>は、9月14日、2023年1月期の第2四半期累計(2~7月)の決算(非連結)を発表、新作『&0(アンドゼロ)』のリリースがあったものの、運営中作品の成熟による減収をカバーするには至らず、減収となった。

    また、損益については、開発体制・組織体制強化のための研究開発費や採用教育費といった販管費の増加で赤字計上となった。

    売上高24億4900万円(前年同期比16.8%減)
    営業損益1億7300万円の赤字(前年同期7億1300万円の黒字)
    経常損益1億7200万円の赤字(同6億8200万円の黒字)
    最終損益1億800万円の赤字(同4億2500万円の黒字)

    モバイルオンラインゲームは、既存タイトルの安定的な運用と新規タイトル『&0』のリリースに注力するとともに、新規タイトル開発を複数同時に進行できる体制を構築するため人員の拡充に取り組んだ。

    また、MD(マーチャンダイジング)は、2022年4月に同社初となる常設店舗「coly more! 池袋PARCO店」を開店した。

    これにより、新規タイトルおよび常設店舗による売上の増加があった一方、既存タイトルの売上の減少により前年同期比で売上が減少し、販売費および一般管理費のうち研究開発費などが増加した。

    ■今期業績予想は引き続き非開示
    2023年1月期通期の業績予想は引き続き非開示。新作タイトルのヒット度合や既存タイトルの状況により業績が大きく変動すること、また今後の事業展開に関する不確実性が高いことから将来の業績を合理的に算出することは困難と判断したため、としている。

株式会社coly(コリー)
https://colyinc.com/

会社情報

会社名
株式会社coly(コリー)
設立
2014年2月
代表者
代表取締役社長 中島 瑞木/共同創業者 代表取締役副社長 中島 杏奈
決算期
1月
直近業績
売上高65億1900万円、営業利益14億9800万円、経常利益14億6600万円、最終利益9億6400万円(2022年1月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4175
企業データを見る