「サンバルがんばる」の『はがれがしー』が日本ゲーム大賞2022アマチュア部門の大賞受賞 HALは大賞と優秀賞を独占

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「日本ゲーム大賞2022(Japan Game Awards2022)」で、「日本ゲーム大賞2022アマチュア部門」の受賞10作品の中から「サンバルがんばる」(HAL 大阪)の『はがれがしー』を本年度のアマチュア部門「大賞」に決定した。『はがれがしー』の「サンバルがんばる」チームにはトロフィーと、副賞として50万円が授与される。

今年のテーマは「感触」。応募総数455作品から一次審査で99作品、二次審査で15作品、そして最終審査を経て10作品が受賞した。本日、オンラインによる発表式を執り行い、大賞ほか各賞を発表した。本年度のアマチュア部門各賞は以下の通り。大賞と優秀賞は全てHALが占めた。

 

■大賞作品 『はがれがしー』について
マジョのいたずらで変わってしまった世界を元に戻すべく、主人公「ペリン」を操作して、ゴールを目指すアクションパズルゲーム。シールを剥がす「感触」に着目した作品。
プレイヤーは、ステージ上の大小様々なシールを剥がしてゴールを目指します。シールの剥がし方と使い方が、ゲーム攻略の重要なポイント。
ゆっくりと剝がしたり、ちょっとだけ剥がして上に乗ったり。剥がす順番を入れ替え、重なり方を変えて新たな足場を作ったり。シールの形を自在に変えながら、ステージを進みます。
時には、力をためて一気に剥がし、シールに自分を巻き込んで大ジャンプして、敵を巻き込み一気に倒します。
ペリペリとシールを剥がす楽しさと、その「感触」の気持ちよさが、ふんだんに詰めこまれた完成度の高い作品です。


【最終審査員からのコメント】
 

・「感触」という募集テーマに対して「シールをはがす」をゲーム企画のコアに据えた着眼点
・そのコアから派生する企画の面白さ(はがれ落ちる、戻る)、気持ちよさ(ジャンプ)
・それらの掛け合わせによるレベルデザイン(どれを先にはがすか/はがした後戻る力を利用して~等)
・敵エネミーも「はがす」というコアでアプローチし、バリエーションを付けている点
・他タイトルには見られなかったボス企画のレベルデザイン、難易度設計
・ワールドマップ UI の作りこみ
・バグの少なさ
以上の点で、ゲームとしての総合的なクオリティが非常に高いと感じました。キリンのボスに苦戦しましたが、楽しく遊ばせていただきました。次作も楽しみにしております
株式会社スクウェア・エニックス 新井 靖明

 

「感触」というテーマを「シールを剥がす」というコンセプトで様々なアクションに昇華しペリペリとシールを剥がす楽しさ、気持ちよさがたくさん詰まった作品。
シールをペリペリ剥がす感触に、シールの前後を張り替えたりする攻略…
シールのめくれる勢いを利用して大きくジャンプしたり、滝のように上から下へと自動に剥がれるシールに、トロッコのシールを動かしたり…とパズルを解くような感覚で様々なアクションが楽しめます。
またゲーム自体の完成度も高く、ステージのボリュームや仕掛けの数々、ステージを細分化しリトライのしやすさを考慮した設計、横から剥がすのか︖下から剥がすのか︖など各種ザコ敵やボスの攻略も変化に富み、テーマの「シールを剥がす感触」の魅力がゲームを進行するごとに感じられます。
ラスボスを攻略後のエキストラステージやゲームクレジットまで遊びごころいっぱいの作品になっていて最後まで世界観に浸れる、制作者の方たちの愛を感じる内容となっています。
株式会社カプコン 一瀬 泰範

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

会社情報

会社名
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
企業データを見る