「東京ゲームショウ2022」、リアル会場の来場者数は13万8192人 想定15万人に届かず 2023年は9月21日~24日に開催

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月15日から18日までリアルとオンラインのハイブリッドで開催された「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」について、会期4日間のリアル会場総来場者数は13万8192人だったと発表した。想定していた15万人には届かなかった。なお、会期中にオンライン配信した公式番組の総視聴者数やTOKYO GAME SHOW VR2022(TGSVR2022)の来場者数等は後日発表するとのこと。


総来場者数比較表(2020年、2021年はオンライン開催のため該当数値なし)

 
「ゲームは、絶対、とまらない。」をテーマに3年ぶりのリアル会場を含むハイブリッド開催となったTGS2022は、コロナ禍による制限の中、37カ国・地域から605の企業・団体が出展した。リアル会場では、新ゲームハードや、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルがお披露目され、さらには、ゲーム産業の広がりを映し出す、多種多様な関連製品・サービス、グッズが展示された。ビジネス商談も活発に行われ、「TGSビジネスマッチングシステム」を活用した商談は1,695件となった。

オンラインでは、基調講演や日本ゲーム大賞各部門の発表授賞式、出展社のプログラムなど全37番組を配信した。YouTube、Twitter、Twitch等のTGS公式アカウントや、ニコニコやSteamのTGS特設ページなどのプラットフォームで配信したほか、中国向けにはDouYu、bilibili、HUYA、欧米向けにはIGNと連携して配信した。

また、2年目となるVR会場「TOKYO GAME SHOW VR2022」にも多くのゲームファンが来場した。来年の「東京ゲームショウ2023」は、9月21日~24日に開催する予定(リアル会場は幕張メッセを予定)。

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

会社情報

会社名
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
企業データを見る