KADOKAWA、第2四半期(7~9月)のゲーム事業は売上高54%増の45億円、営業益38%増の10億円 『エルデンリング』に加えて『メイドインアビス』も貢献

KADOKAWA<9468>は、第2四半期(2022年7~9月)におけるゲーム事業の業績について、売上高が前年同期比54.4%増の45億5500万円、セグメント利益が同38.2%増の10億2300万円と大幅な伸びになったことを明らかにした。ただ、前四半期との比較では、それぞれ63.8%減、84.4%減とさすがに低下した(前2四半期の水準を維持するのはさすがに無茶である)。

同社によると、世界的大ヒット作品『ELDEN RING』の収益に加えて、共同・受託開発事業や、スパイク・チュンソフトの新作タイトル『メイドインアビス 闇を目指した連星』『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』などが貢献したとのこと。

業績推移は以下のとおり。

 

株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2212億0800万円、営業利益185億1900万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9468
企業データを見る