サイバーエージェント、ゲーム事業は第2四半期以降は「大きく回復」(藤田社長) 『ウマ娘』中心に主力タイトルで「周年」目白押し

サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長は、この日(1月25日)開催の第1四半期の決算説明会で、ゲーム事業の業績について、「第2四半期以降は大きく回復する」との見通しを示した。

第1四半期のゲーム事業は、売上高が前年同期比29.9%減の409億1600万円、営業利益は同69.6%減の52億1200万円と大幅な減収減益で着地した。

 

FIFAワールドカップへの投資と重なってしまったが、主力タイトルにおける「周年」イベントの端境期にあるため、一時的に売上が落ちる時期にあるという。

一般的に「周年」とは、リリース1周年などを記念したイベント・キャンペーンのことで、スマートフォンゲームにおいても大きな売上・利益が出るタイミングとなる。

同社のリリースカレンダーをみると、第1四半期の周年タイトルは非常に少なく、第2四半期四半期に集中する傾向にある。

 

藤田社長は「次の四半期は、『ウマ娘』を中心に周年タイトルが目白押しなので、かなり回復してくるだろう。実際、足元1月の数字はだいぶ戻ってきている」と述べ、今後の回復に期待を寄せた。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高7105億7500万円、営業利益691億1400万円、経常利益694億6400万円、最終利益242億1900万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る