クリーク・アンド・リバー、人材関連サービス伸び2012年2月期の経常益予想を21%上方修正

クリーク・アンド・リバー社<4763>は、本日(1月12日)、2012年2月期の連結業績予想を上方修正し、売上高155億円(前回予想150億円)、営業利益6億2000万円(同5億5000万円)、経常利益6億7000万円(同5億5000万円)、当期純利益2億5000万円(同2億2000万円)とした。従来予想と比較した際の修正率は、売上高3.3%増、営業利益12.7%増、経常利益21.8%増、当期純利益13.6%増となる。

 

 

同社では、クリエイティブ分野を中心に医療、IT、法曹、会計等専門分野などの人材関連サービスで事業が引続き好調に推移したため、としている。ただ、季節要因やグループ会社の移転・拠点集約に要する費用などを考慮し、利益項目につきましては、第3四半期連結累計の実績額に再設定したとのこと。

なお、同社が同日に発表した第3四半期累計(2011年3月~11月期)の連結は、売上高117億8500万円(前年同期比13.0%増)、営業利益6億1000万円(同205.6%増)、経常利益6億6100万円(同216.2%増)、四半期純利益2億7200万円(同467.8%増)だった。

株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立
1990年3月
代表者
代表取締役会長CEO 井川 幸広/代表取締役社長COO 黒崎 淳
決算期
2月
直近業績
売上高441億2100万円、営業利益39億5600万円、経常利益40億200万円、最終利益28億9900万円(2023年2月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4763
企業データを見る