ポリゴンマジック、大手版権代理店ブルズ・アイを買収…版権獲得力の強化のため

ポリゴンマジックは、本日(9月28日)、コミックやキャラクター版権の大手代理店であるブルズ・アイを子会社化した、と発表した。買収価額などについては明らかにされていない。

ブルズ・アイは、1997年創業のコミックス・ウェーブ社を全身とする、コミックやキャラクター版権に特化した代理店。ブルズ・アイの持つ版権獲得力やコンテンツ企画力と、ポリゴンマジックグループの保有するデジタルコンテンツ開発力を合わせることで、企画から開発・運用に至るまで一貫した事業展開が可能になる、としている。

ソーシャルゲーム業界では、有望な版権タイトルを活用したタイトルのヒットが目立っているものの、版権を巡る獲得競争は厳しくなっているとされる。今回、ブルズ・アイをグループに迎えることで、版権獲得を有利に進めていく考えのようだ。

ポリゴンマジック株式会社
http://www.polygonmagic.com/

会社情報

会社名
ポリゴンマジック株式会社
設立
1996年4月
代表者
鶴谷武親
決算期
6月
直近業績
非公開
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社ブルズ・アイ
http://www.bulls-eye.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブルズ・アイ
設立
2007年2月
代表者
上村豊彦
決算期
2月
上場区分
非上場
企業データを見る