19年9-11月決算、クリーク・アンド・リバー社に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > C&R社、3Qは売上高11%増、営業益18%増…各セグメント...

C&R社、3Qは売上高11%増、営業益18%増…各セグメントとも2ケタ成長に 子会社クレイテックワークスの『パレットパレード』は想定を下回る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
クリーク&リバー社<4763>は、1月9日、2020年2月期の第3四半期累計(3~11月)の連結決算を発表、売上高245億4200万円(前年同期比11.1%増)、営業利益16億5500万円(同18.9%増)、経常利益16億6000万円(同19.3%増)、最終利益10億2800万円(同26.8%増)となった。
 

売上高は、各セグメントにおいて前年同期比で2ケタ成長を実現し、おおむね計画通りに推移した。一方、利益面については、各セグメントにおける既存事業が順調に推移し、売上高と同様に前年同期比で2ケタ成長を実現した。

一方で、韓国の現地法人CREEK & RIVER KOREAがライセンス展開するスマートフォンゲームのグローバル配信の遅れや、連結子会社クレイテックワークスの自社開発スマホゲーム『パレットパレード』が想定を下回って推移するなど、一部に課題も残した。クレイテックワークスは、インタラクティブブレインズから3DCGアバター事業、VR事業、コンテンツなどの開発事業を譲り受け、様々なコンテンツ開発能力の強化を図っている。

なお、2020年2月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高330億円(前期比11.6%増)、営業利益23億5000万円(同48.8%増)、経常利益23億5000万円(同48.2%増)、最終利益14億5000万円(同49.5%増)の見込みとしている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年9-11月決算クリーク・アンド・リバー社

企業情報(株式会社クリーク・アンド・リバー社)

会社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
URL http://www.cri.co.jp/
設立 1990年3月
代表者 井川幸広
決算期 2月
直近業績 売上高175.32億円、営業利益9.92億円、経常利益10.35億円、当期純利益3.34億円(2013年2月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 4763

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事