アクセルマーク、スクエニとの共同タイトル『ディアホライゾン』は最終段階に 『幽白』『終幕彼女』はβ開発、新たにプロジェクトPPも発表



アクセルマーク<3624>は、8月1日、アナリスト向けの第3四半期(4~6月)の決算説明会を開催し、新作タイトルとその進捗状況について発表した。説明を行った尾下順治社長によると、現在、4本が正式なプロジェクトとして開発を進めているという。

まず、『ディアホライゾン』は、スクウェア・エニックスがパブリッシングを担当するタイトルで、先日発表となった。総合エンタメプロジェクトのひとつとして配信される予定で、第3四半期ではβ開発だったが、第4四半期(7~9月)に入ってプラットフォームへの申請という最終フェーズに入っているという

また『幽☆遊☆白書』は、KLab<3656>との共同タイトルとなる。すでに発表されているものだが、引き続きベータ開発を続けているとのこと。『終幕彼女(エンドロール)』は、開発パートナーとの共同開発タイトルで、アクセルマークがパブリッシングを担当する。タイトルは7月の中旬に発表した。第3四半期ではα開発だったが、第4四半期ではβフェーズの開発に入った。

今回、新たにプロジェクト「PP」が追加となった。同社では、社内では複数のプロトタイプの開発を行っており、そのなかでαフェーズに移行したものを正式プロジェクトとして認定しているという。PPは、第3四半期ではプロトタイプだったが、社内の審査を通過し、正式プロジェクトとなった。世界観の作り込みを中心に行っているそうだが、ゲームの詳細については後日発表するとのこと。
アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高26億5500万円、営業利益200万円、経常利益4100万円、最終利益7400万円(2021年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3624
企業データを見る