ハーツUG、第1四半期の営業益は12%増の5.39億円 コンシューマゲームとモバイル向けデバッグ好調 過去最高水準に

ハーツユナイテッドグループ<3676>は、8月10日、第1四半期(4~6月)の連結を発表し、売上高40億3900万円(前年同期比6.0%増)、営業利益5億3900万円(同12.2%増)、経常利益5億3900万円(同12.2%増)、最終利益3億6000万円(同20.7%増)だった。第1四半期では売上高、営業利益とも過去最高を更新した。

 


主力のデバッグ事業の売上が伸び、全体の業績拡大をけん引した。パチンコやパチスロなど遊技機関連が低調だったものの、コンシューマゲームとモバイルコンテンツ向けのサービスが好調に推移したとのこと。

2018年3月期は、売上高176億2200万円(前期比14.1%増)、営業利益22億円(同11.4%増)、経常利益22億2500万円(同11.4%増)、最終利益13億8200万円(同73.8%増)を見込む。

 
株式会社デジタルハーツホールディングス
https://www.digitalhearts-hd.com/

会社情報

会社名
株式会社デジタルハーツホールディングス
設立
2013年10月
代表者
代表取締役社長CEO 二宮 康真
決算期
3月
直近業績
売上高291億7800万円、営業利益27億100万円、経常利益27億7800万円、最終利益17億8000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3676
企業データを見る