Digital monkey、アクセルマークから『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』の配信権を取得


Digital monkeyは、本日(11月22日)、アクセルマーク<3624>が提供している『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』(以下『ワールドクロスサーガ』)の配信権を取得したことを発表した。

『ワールドクロスサーガ』は、累計ダウンロード数550万を突破し、2周年半を迎えた大型タイトル。これまでに10タイトルの運営移管実績を持つDigital monkeyの運営ノウハウを活かし、「ユーザー様にとってより長く、より楽しく」を提供し続けるとしている。

なお、本作については、先日のアクセルマークの決算説明会において、尾下順治社長が12月に運営を移管することを明らかにしていた。

【関連記事】
【アクセルマーク決算説明会速報①】自社パブリッシングタイトル『ワクサガ』の運営を12月に移管へ 「リソースの選択と集中のため」(尾下社長)
 
アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高26億5500万円、営業利益200万円、経常利益4100万円、最終利益7400万円(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3624
企業データを見る