東映アニメ、20年3月期営業益予想を120→150億円に増額 「ドラゴンボール」「ワンピース」などのゲームアプリや商品化などライセンス収益が貢献

東映アニメーション<4816>は、9月中間期の業績予想を上方修正した。これまで減収減益予想としていたが、一転して増収増益で着地する見通しとなった。中間期の予想については、売上高290億円(前回予想242億円)、営業利益86億円(同63億円)、経常利益89億円(同65億円)、最終利益62億円(同45億円)とした。

従来予想からの修正率は、売上高が19.8%増、営業利益が36.5%増、経常利益が36.9%増、最終利益が37.8%増となる。

 


同社では、国内外でのゲームアプリ化権販売に加え、海外で「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」の商品化権販売や「ONE PIECE STAMPEDE」の劇場公開に向けた国内のタイアップ・販促向け許諾が上期で好調に推移したため、としている。

下期においては、前年下期にあった「ドラゴンボール超 ブロリー」関連の売上や遊技機の大口契約に相当するものがなくなるものの、好調な上期の状況を鑑みて、通期予想を引き上げた。

通期予想については、売上高550億円(前回予想462億円)、営業利益150億円(同120億円)、経常利益153億円(同123億円)、最終利益107億円(同85億円)とした。

従来予想からの修正率は、売上高が19.0%増、営業利益が25.0%増、経常利益が24.4%増、最終利益が25.9%増となる。

 
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る