任天堂のモバイルゲームアプリの参入以降の延べ収益、10億ドル(1090億円)突破…『ファイアーエムブレムヒーローズ』がけん引【Sensor Tower調査】

米国の調査会社Sensor Towerは、昨日(1月28日)付のレポート「Nintendo Mobile Games Reach $1 Billion in Lifetime Player Spending」で、任天堂<7974>が2016年のモバイルゲーム参入以来の延べ収益が10億ドル(約1090億円)を突破したとの推計結果を明らかにした。任天堂のゲームアプリは6タイトルで、世界のダウンロード数は4億5200万となっているという。

そのうち、最もヒットしたのは『ファイアーエムブレムヒーローズ』で、全体のダウンロード数の4%にすぎないものの、収益の61%にあたる6億5600万ドル(約716億円)を稼いだという。以下、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が12%の1億3100万ドル(約143億円)、『ドラガリアロスト』が11%の1億2300万ドル(約112億円)となった。

なお、『マリオカートツアー』は8%にあたる8600万ドル(約93億円)、『スーパーマリオラン』は7%にあたる7600万ドル(約82億円)、そして、『ドクターマリオワールド』が1%未満の480万ドル(約5億円)となったとのこと。
 


【関連記事】
Nintendo Mobile Games Reach $1 Billion in Lifetime Player Spending
 
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る