ネクソン、19年12月期の営業益は3.9%減の945億円 韓国事業好調も『アラド戦記』が中国で苦戦

ネクソン<3659>は、本日(2月13日)、2019年12月期の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益2485億円(前の期比2.0%減)、営業利益945億円(同3.9%減)、税引前利益1219億円(同3.9%増)、最終利益1156億円(同7.4%増)だった。

 


同社では、韓国事業が好調に推移した一方、前期比で主に中国事業の売上収益が減少したことに加え、主要通貨に対する円高の進行により為替レートのマイナス影響を受けた、としている。

『アラド戦記』は、旧正月アップデートや労働節アップデートがユーザーの好評を博した一方、アニバーサリーアップデートと夏季アップデート(7月)がユーザーの評価を得られず、6月以降ユーザー指標が低下した。

『FIFA ONLINE 4』と『FIFA Online 4M』のロイヤリティ費用が増加したことに加えて、Pixelberry Studiosの株式を取得した際に認識したのれんと無形資産の減損損失を計上したことが響き、営業減益となった。

セグメント別の状況は以下のとおり。

①日本
売上収益は76億円(同24.7%減)、セグメント損益は34億円の赤字前期は72億円の赤字)となった。日本では、PCオンラインゲーム及びモバイルゲームともに減収となった。

② 韓国
売上収益は2204億円(同0.0%増)、セグメント利益は1122億円(同6.9%減)となった。韓国セグメントの売上収益には、連結子会社であるNEXON Korea Corporationの傘下にあるNEOPLEの中国におけるライセンス供与に係るロイヤリティ収益が含まれる。

③ 中国
売上収益は28億円(同15.2%減)、セグメント利益は15億円(同20.8%減)となった。

④ 北米
売上収益は159億円(同17.3%減)、セグメント損益は55億円の赤字(前の期は84億円の赤字)となった。

⑤ その他
売上収益は16億円(同217.7%増)、セグメント損益は9億円の赤字(前期は5億円の赤字)となった。


なお、第1四半期(2020年1~3月)の業績予想は以下のとおり。売上収益は20.5%~13.3%の減少、営業利益は31.6%~20.0%の減益を見込んでいるとのこと。2020年12月通期の予想は開示していない。

 
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る