ドリコム、第2四半期の営業益はYoY113%増の4.3億円と大幅増益を達成する見通し

ドリコム<3793>は、この日(10月22日)、第2四半期(2020年7~9月)について、売上高28億9700万円(前年同期比21.2%増)、営業利益4億2700万円(同113.5%増)、経常利益4億3000万円(同196.6%増)、最終利益3億7000万円(同297.8%増)となる見通しと発表した。利益は大きく伸びる見通しだ。

同社では、内藤社長が「出来すぎだった」とする第1四半期との比較では売上高と利益はさすがに低下したものの、前年同期比では大きなプラスとなった。既存運用タイトルが堅調に推移したという。効率的運用と費用節減も寄与したとのこと。

四半期別の売上高と営業利益の推移は以下のとおり。

 
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る