エイチーム、第1四半期のゲーム事業はQonQで74%の営業減益 主要タイトルの"周年"の反動減で



エイチーム<3662>のゲームを展開するエンターテインメント事業の第1四半期(20年8~10月)の業績は、売上高が前四半期比で25.7%減の17億8500万円、セグメント利益が同74.5%減の9300万円だった。前年同期比では営業利益はプラスとなったが、前四半期との比較では大きなマイナスとなった。

同社では、既存主要タイトルが前四半期(5~7月)で周年イベントを実施しており、この四半期ではその反動減が出たとのこと。『ダービーインパクト』や『ヴァルキリーコネクト』、『レギオンウォー』などで周年イベント・キャンペーンを行っていた。
 


なお、新作パインプラインは3本で変更はない。2021年7月期意向では、スマートフォンの大型IPタイトルと自社オリジナルのマルチデバイスタイトルを1本ずつ開発しており、、2022年7月期以降では他社IPタイトル1本を調整しているとのこと。
 
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る