インド政府にBANされた『PUBG mobile』がまもなく同国で復活 


KRAFTONは、5月6日、インド向けの『PUBG』となる『BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA』のロゴとショートムービーを公開した。



同タイトルは、インド政府によってセキュリティの観点から禁止になっていた『PUBG Mobile』のリニューアルタイトルとなる。『BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA』は、フリートゥプレイとなっており、インドでのみ運営を行う。

懸念材料となっていた、ユーザーの個人情報とデータのセキュリティも強化する。具体的にはマイクロソフトのクラウドAzure上で運用するとのこと。サーバー自体もインドとシンガポールに構築するという。

KRAFTONは、上記の内容に加え、インド政府の機関であるコロナの緊急事態救援基金であるPM CARES Fundへの寄付や、ロゴに同国の国旗の配色を利用するなど各種の配慮を行っている。


【関連記事】
インド政府、『PUBG』や『Rise of Kingdoms』など新たに118のモバイルアプリを使用禁止に 中国への警戒強まる

 
PUBG Corp

会社情報

会社名
PUBG Corp
企業データを見る