ブシロード、第3四半期決算は売上高271億円、営業利益4億円 緊急事態宣言でライブや興行が影響受けるも黒字確保 電子書籍やTCG部門が利益貢献

ブシロード<7803>は、この日(6月14日)、2021年6月期の第3四半期累計(21年8月~22年4月)の連結決算を発表し、売上高271億5400万円(前年同期7.7%増)、営業利益4億2300万円(同80.9%減)、経常利益5億2400万円(同76.2%減)、最終損失1億6100万円(前年同期は12億2900万円の利益計上)だった。

イベントや興行が新型コロナの緊急事態宣言の影響を受ける中、大幅な減益ながらも営業黒字を確保した。また最終損益については、投資有価証券評価損や、劇団飛行船などのれんの減損損失を計上したため。


・売上高:271億5400万円(同7.7%増)
・営業利益:4億2300万円(同80.9%減)
・経常利益:5億2400万円(同76.2%減)
・最終損失:1億6100万円(同12億2900万円の利益計上)
 


リアルイベントの開催直前で延期・中止の判断を迫られるなど対応に苦慮する面もあったが、「IPディベロッパー」戦略のもと各事業部門や各IPプロジェクトにおいて活動を行ってきた。特に、コロナ禍においても復調・成長を見せるTCG(トレーディングカードゲーム)部門について、東・東南アジアを中心とした海外での売上拡大を念頭に置いた投資を進めてきた。

セグメント別の状況は以下のとおり。

1.デジタルIP事業
売上高202億9900万円(前年同期比11.3%増)、セグメント利益3億7600万円(前年同期比72.4%減)となった。デジタルIP事業は、TCG(トレーディングカードゲーム)部門、MOG(モバイルオンラインゲーム)部門、MD(マーチャンダイジング)部門、メディア部門の4部門が属している。

①TCG部門
主力TCGである「ヴァイスシュヴァルツ」では「アイドルマスター シャイニーカラーズ」「転生したらスライムだった件」「アサルトリリィ BOUQUET」「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 feat.スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」など人気IPの商品を多数発売し、引き続き好調に推移した。また、「カードファイト!! ヴァンガード」は10周年を迎え新シリーズ「カードファイト!! ヴァンガード overDress」の商品を国内・海外で販売開始した。

②MOG部門
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(自社IP・他社配信)では4周年を記念したゲーム内イベントを開催した。また、『D4DJ Groovy Mix』(自社IP・自社配信)では大型アップデートの実施や「ホロライブプロダクション」や「五等分の花嫁∬」とコラボをしたゲーム内イベントを開催した。

③MD部門
「ガルパ4周年記念 BanG Dream!×アニメイト ワールドフェア2021」や「ブシロード大展示会 in GalleryAaMo」を開催した。

④メディア部門
各電子書籍ストアで実施した販売促進キャンペーンが功を奏し、電子書籍の売上が伸長した。また、2021年3月より配信・放送を開始したTVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード overDress」に係る償却費が発生した。


2.ライブIP事業
売上高68億5400万円(前年同期比1.8%減)、セグメント利益3600万円(前年同期比95.6%減)となった。ライブIP事業は、音楽部門、スポーツ部門の2部門が属している。

①音楽部門
音楽・映像ソフトについては、5本のシングルCDと2本のアルバムおよびTVアニメ「アサルトリリィ BOUQUET」のBlu-ray3本を含む映像商品を5本発売したことに加え、音楽配信の売上が伸長したことから、堅調に推移した。

ライブ・舞台については、「バンドリ!」の音楽ライブ(Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ「Rausch und/and Craziness Ⅱ」、Poppin'Party×Morfonica Friendship LIVE「Astral Harmony」)を横浜アリーナで2日間開催したが、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき収容人数を限定した形での開催が続いている。

②スポーツ部門
各自治体からの要請に沿って十分な感染対策を講じながら、収容人数を限定する形で各団体で興行を開催した。新日本プロレスでは、全国各地でヘビー級選手によるシングルトーナメント戦を行う「NEW JAPAN CUP2021」シリーズを含む48回の興行を開催した。

また、女子プロレスブランドのスターダムでは、日本武道館での初興行となる「レック Presents スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~」を含む24回の興行を開催した。


なお、2021年6月通期の見通しは非開示。「合理的に算定することが困難と判断し」たため、としている。今後、業績予想の算定が可能となった段階で、速やかに公表するとのこと。すでに発表していることだが、7月決算から6月決算となるため、今期は11ヶ月の変速決算となる。
株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7803
企業データを見る