KADOKAWA Contents Academy、21年3月期の決算は最終利益2億5300万円と黒字転換

KADOKAWA Contents Academyの2021年3月期(第7期)の決算は、最終利益が2億5300万円と黒字転換したことがわかった。前の期(2020年3月期)は最終損失が2億1100万円だった。債務超過も解消している。6月17日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、海外コンテンツ・スクール事業を展開している。新しいコンテンツを生み出す才能を日本だけではなくグローバルに求めるため、日本が持つ高水準なコンテンツ制作ノウハウを伝え、クリエイターを育成するための教育活動を行なっているほか、3DCG制作・プロデュースを行っている。

 
株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
松原眞樹/井上伸一郎
決算期
3月
直近業績
売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
9468
企業データを見る