マーベラス、テンセントから調達した49億円の使途を発表 グローバル展開可能な家庭用ゲーム34億円、既存IP世界展開10億円など その他大型投資も公開

マーベラス<7844>は、昨年5月に発表した、中国テンセントの完全子会社である Image Frame Investment(HK)との資本業務提携で調達した49億円の資金使途を公開した。同社は、これまでテンセントとの間で、資金の具体的な使い道についての協議を重ね、様々な企画やアイデアについて検討しながら、内容を詰めていたという。

資本業務提携では以下の4点の目的を掲げていた。

・既存IP(知的財産) のリッチコンテンツ化とグローバル化
・新規IPの創出に向けた大型投資
・新規事業展開のための投資
・最先端技術の習得及び活用

 まず、34億円をコンシューマ向けの新規IPの創出に投じる。3タイトルのシミュレーションやアクションゲームを制作し、2022年から2023年にかけての発売を目指す。いずれも創造性に満ちた作品で、グローバルでも十分展開可能なものとしている。

また、既存IPのグローバル化に向けて、10億円を使用する。同社が保有している主力IPのグローバル強化施策を進めていく。

オンラインゲームの事業展開費用として、5億円を割り当て、今後配信を目指している有力タイトルの事業展開を強化する。また、テンセント社が持つ、サーバー技術をはじめとしたネットワーク技術や、ゲーム・アズ・ア・サービス(GaaS)のような新しい収益モデルの習得と活用を促進していく。

【新規IP投資】34億円
グローバル展開可能な新規IPの創出(コンシューマ)
■ジャンル:シミュレーション 投資額: 7億円 2022年秋 発売目標
■ジャンル:シミュレーション 投資額:16億円 2023年秋 発売目標
■ジャンル:アクション 投資額:11億円 2023年秋 発売目標

【既存IP投資】10億円
既存IPのグローバル化(コンシューマ)
■強化施策費:3.5億円 2022年秋 実施予定
■強化施策費:6.5億円 2024年春 実施予定

【事業展開費用】 5億円 有力タイトルの事業展開費用(オンライン)
■事業展開費用:5億円 2022~2023年度中 実施予定
■ネットワーク技術や新しいビジネスモデル(GaaS)等の習得及び活用

 さらに、計画中のタイトルについても紹介し、グローバルターゲットのアクションゲームに25億円以上、新作RPGに15億円以上のタイトル投資も具体的検討段階に入っており、アニメ制作へも5億円以上の投資を計画しているそうだ。

このように、調達した資金に限らず、今後もテンセントからの協力も得ながら、1年に3本から4本程度のペースで、コンシューマゲームの開発を進めていく、としている。

そのほか、アミューズメントや舞台公演についても、コロナ収束からのV字回復を狙った投資を検討するなど、グローバルIPの創出や継続的な企業成長のために、今後も積極的なコンテンツ投資を行う、としている。

【新作タイトル投資】25億円以上 グローバルターゲット作品
コンシューマ ジャンル:アクション 2024年 発売目途

【新作タイトル投資】15億円以上
新作ロールプレイングゲーム ■コンシューマ ジャンル: RPG 2024年 発売目途

【TVアニメ制作投資】5億円以上
オリジナルIP
■TVアニメ 2024年 放送目途

 

株式会社マーベラス
https://www.marv.jp/

会社情報

会社名
株式会社マーベラス
設立
1997年6月
代表者
代表取締役社長 執行役員 許田 周一
決算期
3月
直近業績
売上高255億2000万円、営業利益44億1400万円、経常利益45億5800万円、最終利益32億6500万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7844
企業データを見る
Tencent(テンセント)

会社情報

会社名
Tencent(テンセント)
企業データを見る