KADOKAWA、第2四半期のゲーム事業は売上高25%減の29億円、営業益38%減の7億円 リピート販売の特需剥落、『ELDEN RING』は2月発売に延期

KADOKAWA<9468>は、この日(10月29日)、9月中間期の決算説明資料を公開し、ゲーム事業の第2四半期(21年7~9月)の業績は売上高が前年同期比25.4%減の29億5100万円、営業利益が同38.1%減の7億4000万円だったと発表した。第1四半期に続いて大幅な減収減益となった。

同社では、前年同期に新型コロナの拡大で特需的に発生した、『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』など旧作のリピート販売が反動減となったことに加え、大型の新作の発売があった前年同期の反動、さらに開発スケジュールの見直しに伴う減収などがあった、としている。

なお、すでに発表となっているが、フロム・ソフトウェアの『ELDEN RING』については、ゲームのボリュームと攻略の自由度が当初の想定を上回ったため、最終調整の期間を延長する必要があると判断し、発売日を2022年2月25日に変更したとのこと。

 

株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2099億4700万円、営業利益136億2500万円、経常利益143億6900万円、最終利益95億8400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9468
企業データを見る