【速報】コナミHD、9月中間決算は事業利益50%増の386億円と大幅増益 ゲーム引き続き堅調 AM関連やカジノ関連、スポーツも復調

コナミホールディングス<9766>は、この日(11月4日)、2022年3月期の9月中間期の連結決算を発表し、売上高1394億8600万円(前年同期比20.2%増)、事業利益386億3900万円(同50.2%増)、営業利益391億1000万円(同83.0%増)、最終利益275億5800万円(同99.8%増)と大幅増収増益となった。

・売上高:1394億8600万円(同20.2%増)
・事業利益:386億3900万円(同50.2%増)
・営業利益:391億1000万円(同83.0%増)
・最終利益:275億5800万円(同99.8%増)

デジタルエンタテインメント事業が引き続き堅調に推移したことに加えて、新型コロナウイルス感染拡大による影響は残るものの、アミューズメント事業、ゲーミング&システム事業及びスポーツ事業においても復調に向けた取り組みが成果を見せ始めている。

 

(デジタルエンタテインメント事業)
売上高は986億3200万円(前年同期比11.7%増)となり、事業利益は358億4800万円(同15.5%増)となった。

モバイルゲームでは、グローバル市場において、世界累計4億5000万ダウンロードを突破した「eFootball ウイニングイレブン2021」(海外名「eFootball PES2021」)と「遊戯王 デュエルリンクス」が牽引した。

国内市場では、侍ジャパンの選手たちを獲得できる施策などを実施した「プロ野球スピリッツA(エース)」が引き続き好調に推移したほか、「実況パワフルプロ野球」がユーザーに好評を得ている。また、「悪魔城ドラキュラ」シリーズの最新作として「悪魔城ドラキュラ - Grimoire of Souls(グリモア オブ ソウルズ)」をAppleArcade(アップルアーケード)で配信開始した。

カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」のグローバル展開を継続し、コロナ禍でも国内外で厚い支持をした。あわせて「遊戯王ラッシュデュエル」では、手軽に始められるように、アニメに登場するキャラクターが使用する構築済みデッキを手に取りやすい価格で販売するなど、若年層のユーザーを中心に訴求してきた。

家庭用ゲームでは、アップデートを行い新機能を追加した「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」や、世界累計300万ダウンロードを突破した「スーパーボンバーマン R オンライン」が引き続きユーザーから注目を集めた。

新規タイトルとしては、Nintendo Switchで「eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021グランドスラム」及び「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!」を発売し、さらなるコンテンツの活性化に向けて取り組んできた。また、新たなゲームエンジンを搭載し、基本プレー無料で新ブランドとして展開する「eFootball2022」の配信を開始した。

eスポーツでは、「遊戯王 デュエルリンクス」の大規模オンライン世界大会となる「KCグランドトーナメント2021」の本戦決勝ステージを行い優勝者を決定した。また、モバイルゲーム「eFootball ウイニングイレブン2021」では、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と共同開催する「明治安田生命eJリーグ ウイニングイレブン2021シーズン」の決勝大会を開催した。さらに「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」では日本野球機構(NPB)と共「eオールスター2021」を開催し、プロプレーヤーによる最終決戦を行った。

 

(アミューズメント事業)
売上高は99億5900万円(同51.2%増)となり、事業利益は16億9400万円(同470.6%増)となった。

アミューズメント施設向けビデオゲームでは、「BEMANI2021真夏の歌合戦5番勝負」などのオンラインによるイベントを多数開催し、市場の回復に繋がる取り組みを推進している。アーケードゲームをPCやスマートフォンでいつでも楽しむことができるサービスの「コナステ(KONAMI AMUSEMENT GAME STATION)」においては、12月に配信を開始した「コナステ メダルコーナー」が堅調に推移しており、「カラコロッタ コナステ」をはじめとした人気タイトルをリリースした。また、「マジカルハロウィン」シリーズの最新機種「マジカルハロウィン~Trick or Treat!~」が業界で最も早く新基準の適合を受けた。好調な受注を獲得し、第2四半期より稼働を開始した。

 

(ゲーミング&システム事業)
売上高は122億7400万円(同71.7%増)となり、事業利益は18億2700万円(前第2四半期累計は12億3600万円の損失)となった。

スロットマシンでは、「J」カーブディスプレイを特徴とする「DIMENSION49J(ディメンション フォーティーナイン ジェー)」をパーティシペーション(レベニューシェア)専用筐体として市場に展開したほか、主力商品のアップライト筐体「DIMENSION27(ディメンション トゥウェンティーセブン)」及び「DIMENSION49(ディメンション フォーティーナイン)」の各種筐体を販売した。

ゲーミングコンテンツでは、北米市場において、「Fortune Mint(フォーチュンミント)」が高稼働を維持し、スロットマシンの販売増加に繋がった。また、豪州市場で好評を博した、列車をテーマにしたビデオスロットゲーム「All Aboard(オール アボード)」や複数台のマシンにバブルがシームレスに流れる「Ocean Spin(オーシャン スピン)」を展開した。

その他、過去の競馬の結果を基にしたヒストリカルホースレーシングマシンの設置が進んでいる。カジノマネジメントシステムでは、前期の好調を維持し、カジノ施設への「SYNKROS(シンクロス)」の導入が引き続き進んでいる。第2四半期においては、ラスベガスに開業した大型IR施設Resorts World Las Vegasへの納入など、複数の案件で収益への貢献があった。

 

(スポーツ事業)
売上高は199億4200万円(同31.9%増)となり、事業利益は5億5000万円(前第2四半期累計は29億9300万円の損失)となった。

スポーツクラブ運営では、withコロナの健康習慣の新提案として、人々のカラダがもつ本来の機能を高め、健康を維持・増進することを目的とした「カラダ活活(いきいき)プロジェクト」において、「温活フィットネス」及び「腸活フィットネス」の提供を開始した。

また、自宅などどこからでも参加できる「コナミスポーツ オンラインフィットネス」のサービス拡充を推進した他、新業態の施設として、天井にミラーを設置した女性限定の少人数ピラティススタジオ「Pilates Mirror(ピラティスミラー)二子玉川」をオープンした。

資産を持たない形でネットワークを拡大するビジネス形態である受託事業では、これまで培った運営・指導のノウハウや実績を活かして事業を推進しており、新たに大阪府豊中市や東京都中央区などのスポーツ施設の業務受託運営を開始した。

なお、当事業では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けているが、不採算店舗の撤退等によるコスト構造の変革に継続して取り組んでおり、第2四半期累計には16店舗の営業を終了した。

 

■2022年3月通期の見通しは「未定」

2022年3月通期の見通しは「未定」。同社では、新型コロナウイルス感染症による影響を現時点で合理的に算定することが困難であるため、としている。

コナミホールディングス株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミホールディングス株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2726億円、営業利益365億円、最終利益322億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る