グリー、メタバース「REALITY」グローバル展開は順調に進展 アニメテイストのアバターが差別化ポイント 日本のアニメの普及を背景が追い風に

グリー<3632>は、子会社REALITYがサービス提供するメタバース「REALITY」のグローバル展開の状況について、アクセスするユーザーのほとんどが海外からであることを明かした。全体の母数も比率も開示されていないため、どこまでグローバルでヒットしているのか判断しづらいところだが、海外を中心にプロモーション展開を行っており、ユーザー獲得が順調に進んでいるという。

最高財務責任者の大矢 俊樹氏は、「グローバルで通用するサービスだ。今後もプロモーションを積極的に行っていきたい」とした。広告宣伝費については「一定期間の中で回収可能な基準を定めている」として、一定のルールを設けて資金投下を行っている。並行してアプリの機能拡充などへの投資も行っているとした。

他社との差別化ポイントとして、日本のアニメテイストのアバターを楽しめるメタバースであることをあげた。ここ数年、日本のアニメを配信する映像配信プラットフォームの普及を背景に、日本のアニメファンやアニメテイストのコンテンツを好むユーザーが世界各地で増えてくるなど追い風が吹いているという。

 

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る

会社情報

会社名
REALITY
代表者
代表取締役社長 荒木 英士
企業データを見る