IMAGICA GROUP、メタバース事業に参入 東京ガールズコレクション皮切りに音楽ライブなどに活用できるVRプラットフォームを展開へ

IMAGICA GROUP<6879>は、第2四半期の決算説明資料で、VRプラットフォームによるメタバース(仮想現実空間)事業に参入することを明らかにした。グループ会社で、XRテクノロジーを駆使したエンタメテック分野に特化した事業を展開するIMAGICA EEX(イマジカ イークス)を通じて取り組む。

IMAGICA EEXは、今年9月、W TOKYOが企画・制作するファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」をVR空間上で体験できるアプリとして「バーチャルTGC(β版)」を共同開発した。

「バーチャルTGC(β版)」では、9月4日にオンラインで開催した「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション2021 AUTUMN/WINTER」がバーチャル空間で体験できる、というものだった。

今後、「TGC」に限らず、音楽ライブなど様々なライブイベントなどに活用できるVRプラットフォーム開発と運用を目指す、としている。 

▲「バーチャルTGC(β版)」

株式会社IMAGICA GROUP
https://www.imagicagroup.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社IMAGICA GROUP
設立
1935年2月
代表者
代表取締役会長 長瀬 文男/代表取締役社長 社長執行役員 布施 信夫
決算期
3月
上場区分
東証一部
証券コード
6879
企業データを見る