【ゲーム株概況(1/25)】ほぼ全面安の中でネクソンとDeNA、任天堂が堅調 国内証券が目標株価引き上げもソニーグループは3日続落に

  • 1月25日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比457.03円安の2万7131.34円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)の開催を控えていることに加え、ウクライナ情勢が緊迫していることが市場に影を落とした。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ほぼ全面安商状の中で、ネクソン<3659>とDeNA<2432>、任天堂<7974>がプラス圏をキープした。

    半面、ソニーグループ<6758>は、SMBC日興証券が投資判断「1」を継続し、目標株価を1万5000円から2万円に引き上げたものの、この日は3日続落するなどさえない。

    また、壽屋(コトブキヤ)<7809>やエクストリーム<6033>の下げがきつく、ワンダープラネット<4199>やgumi<3903>も売られた。

    ほか、アピリッツ<4174>が続落し、グリー<3632>やサイバーエージェント<4751>など主力株の一角の売りも目立った。

ソニーグループ

会社情報

会社名
ソニーグループ
企業データを見る