サイバーエージェント、22年9月通期の業績見通しは次の四半期決算と同時に開示する可能性も? 「『ウマ娘』が安定軌道に乗る兆しが出てきた」(藤田社長)

木村英彦 編集長
/

サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長(写真)は、この日(1月26日)、オンラインで開催した第1四半期の決算説明会において、次の3月中間決算の段階で2022年9月通期の業績見通しを開示できる可能性があるとの見方を示した。

同社は、業績を大きく左右する『ウマ娘 プリティダービー』の業績貢献について、「経営陣ですら予測がつかない」ため、通期の業績予想を非開示としてきた経緯がある。

今回発表した四半期決算では『ウマ娘』について「安定軌道に乗る兆し」(藤田社長)が出てきたこともあり、次の四半期の推移を見極めたうえで開示するかを判断するようだ。開示を確約したわけではないので注意してほしい。

 

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る