エイベックス、22年3月期のアニメ事業は営業益12.6億円と黒字転換 ノンパッケージ採算向上 「ゾンビランドサガ」「おそ松さん」「地球外少年少女」など貢献


エイベックス<7860>は、この日(5月12日)、2022年3月通期におけるアニメ・映像事業の業績について、営業利益が12億5900万円となり、前の期の営業損失2億1900万円から黒字転換したことを明らかにした。売上高については、前の期比14.1%減の103億9000万円と減収となった。映画作品などの配信などのノンパッケージの利益率が向上したことが主な要因としている。

 

売上の内訳を見ていくと、アニメのパッケージが前年並み(0.5%減)の31億6000万円となった。パッケージの内訳を見ていくと、販売数量が31万8000枚から26万5000枚に低下する一方で、単価が6825円から8970円に上がった。数量の低下を単価アップでカバーした格好だ。一方、ノンパッケージが19.0%減の72億3000万円だった。

 

四半期別の売上高と営業利益の推移を見たのが以下のグラフとなる。2022年3月期に入ると4四半期連続の営業黒字を達成。3億円程度の営業利益をコンスタントに稼いでおり、不調だった前の期(2021年3月期)から復調したことが伺える。

 

リリースタイトルは以下のとおり。

・「おそ松さん第3期 第5松~第8松」【4月~7月】
・「ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュ LIVE OF THE DEAD “R”〜」【5月】
・「ゾンビランドサガ リベンジ SAGA.1~3」【6月~8月】
・「地球外少年少女 前編『地球外からの使者』劇場公開限定版」【2022年1月】
・「TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』Blu-ray Box I / II 」【1月,3月】
・「地球外少年少女 後編『はじまりの物語』劇場公開限定版」【2月】
・「ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュ 佐賀よ共にわいてくれ~」【2月】

 

エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高815億2700万円、営業損益62億7800万円の赤字、経常損益65億3800万円の赤字、最終利益128億3100万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7860
企業データを見る
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
http://avex-pictures.co.jp/

会社情報

会社名
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
設立
2014年4月
代表者
代表取締役社長 寺島 ヨシキ/代表取締役副社長 勝股 英夫
決算期
3月
直近業績
非公開
上場区分
未上場
企業データを見る