日本一ソフトウェア、2022年3月期の決算は営業益25.5%増の15億6600万円…主力のゲーム事業で新作15タイトルを発売

日本一ソフトウェア<3851>は、本日5月13日、2022年3月通期の連結決算を発表し、売上高57億1600万円(前の期比7.8%増)、営業利益15億6600万円(同25.5%増)、経常利益16億8800万円(同31.4%増)、最終利益12億7300万円(同40.7%増)だった。

・売上高:57億1600万円(同7.8%増)
・営業利益:15億6600万円(同25.5%増)
・経常利益:16億8800万円(同31.4%増)
・最終利益:12億7300万円(同40.7%増)


主力のエンターテインメント事業が好調だった。全15タイトルのゲームソフトを発売したほか、インターネット環境でゲームソフトを購入できるPlayStation Network、ニンテンドーeショップ、Steam等を通じたゲームソフト及びダウンロードコンテンツの販売や北米・欧州・アジア地域に向けた国内で発売したタイトルのローカライズ及び販売等を行った。学生寮・その他事業では、岐阜県内の大学学生寮の運営を行ってきた。

セグメント別の業績は以下のとおり。


(エンターテインメント事業)
売上高56億6100万円(同7.3%増)、営業利益20億7900万円(同15.0%増)となった。

パッケージタイトルとしては、『探偵撲滅』と『わるい王様とりっぱな勇者』『風雨来記4』『真流行り神3』『イースIX -Monstrum NOX-』『こちら、母なる星より』『アサツグトリ』『屍喰らいの冒険メシ』の合計8タイトルを発売した。また、来期以降に発売を予定している『夜廻三』、『void* tRrLM2;//ボイド・テラリウム2』の開発を進めた。

スマートフォンゲームとしては、『ボウリング』、『ゲートボール』、『ドリフトカーレース』、『オフロードバイクレース』、『ミックスフィーバー』の5タイトルを配信した。

また、海外インディーゲームを発掘し、国内移植・販売を行うプロジェクトである日本一Indie Spiritsとしてダウンロード専用タイトル『Maiden & Spell(メイデンアンドスペル)』、『Darkwood』の2タイトルを発売した。

その他については、PlayStation Network、ニンテンドーeショップ、Steam等を通じたゲームソフト及びダウンロードコンテンツの販売や北米・欧州・アジア地域に向けた国内で発売したタイトルのローカライズ及び販売を行った。加えて、新規タイトルの開発及び関連商品のライセンスアウト、カードゲームショップ「プリニークラブ」の運営も引き続き行ってきた。


(学生寮・その他事業)
売上高5400万円(同112.1%増)、営業損失2300万円(前年同期営業損失3000万円)となった。学生支援を目的として岐阜県内の大学学生寮2件の運営を行ってきた。


■2023年3月期の業績見通し
2023年3月期の業績は、売上高63億7800万円(前期比11.6%増)、営業利益14億2400万円(同9.1%減)、経常利益14億3300万円(同15.1%減)、最終利益9億3500万円(同26.5%減)、EPS185.94円を見込む。

・売上高:63億7800万円(同11.6%増)
・営業利益:14億2400万円(同9.1%減)
・経常利益:14億3300万円(同15.1%減)
・最終利益:9億3500万円(同26.5%減)
・EPS:185.94円

株式会社日本一ソフトウェア
https://nippon1.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社日本一ソフトウェア
設立
1993年7月
代表者
代表取締役社長 新川 宗平
決算期
3月
直近業績
売上高57億1600万円、営業利益15億6600万円、経常利益16億8800万円、最終利益12億7300万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3851
企業データを見る