【ゲーム株概況(7/26)】モバイルファクトリーは決算発表後の売り一巡で見直し買いに 金融収益の悪化で大幅経常減益のコーエーテクモHDは大幅続落

  • 7月26日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比44.04円安の2万7655.21円で取引を終えた。新型コロナウイルスの感染が急拡大していることに加え、米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えていること、国内の4~6月決算発表の本格化を控えていることもあり、手控えムードの強い展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モバイルファクトリー<3912>やガーラ<4777>、ケイブ<3760>などが買われた。モバイルファクトリーは、前週22日の第2四半期決算発表後に弱含みの動きとなっていたが、ブロックチェーン事業で新しい発表があったことなどポジティブな面が売り一巡後に見直される形となっているようだ。

    また、この日の大引け後に第1四半期決算の発表を控えたカプコン<9697>が年初来高値を更新した。

    DLE<3686>やGFA<8783>など値動きの軽い銘柄も動意を見せた。

    半面、HEROZ<4382>やアピリッツ<4174>が売られ、前日25日に発表した第1四半期決算が金融収益の悪化によって経常利益で前年同期比50%減となったコーエーテクモHD<3635>は商いを伴って大幅続落した。

    明日7月27日のサービス開始に向けて、新作『アリスフィクション』の事前ダウンロードを開始したワンダープラネット<4199>は、直近は3000円台まで買われてきた過熱感もあり、この日は3日ぶりに反落した。

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る