マイネット、日本最大級のバスケットボールメディア「BASKETCOUNT(バスケット・カウント)」の事業を買収

  • マイネット<3928>は、ティーアンドエスが運営する日本最大級のバスケットボールメディア「BASKETCOUNT」(バスケット・カウント)事業を譲受したことを発表した。具体的な取得額は非開示。

    バスケット・カウントは、NBAやBリーグを中心としたバスケットボールに関する様々な記事をオンライン上で無償配信しており、記事本数は約250本/月。ファストニュースだけでなく、背景の解説や考察を含めた記事が特徴の媒体となっている。

    マイネットは、メディアそしてファンタジースポーツの両面及びそれらが生み出すシナジーを用いて、国内におけるバスケットボールファンコミュニティの熱量を高め、さらに盛り上げていく。

    また、バスケット・カウントにゲームサービス事業などで培ったDX技能や経営、事業運営のノウハウを注入し、新時代のデジタルスポーツメディアとして競争力を向上させる。データやコミュニティ、そして地域ごとのチームへの熱量などに注力する形で、順次メディアとしての価値向上を実現していく。

    なお、両社はティーアンドエスがこれまで培ってきたXR・メディアアート・空間演出など未来のスポーツ体験などにおいても事業連携を検討していくとしている。

株式会社マイネット
http://mynet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社マイネット
設立
2006年7月
代表者
代表取締役社長 上原 仁
決算期
12月
直近業績
売上高105億7100万円、営業利益5億7700万円、経常利益5億4600万円、最終利益2億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3928
企業データを見る