【決算まとめ②】ゲーム関連企業37社の1~3月の営業赤字企業数は11社に 『カゲマス』貢献のAimingは大幅黒字転換 マーベラスは新作『サクライグノラムス』が大きな誤算に

柴田正之 編集部記者
/

主要モバイルゲーム企業の2023年1~3月期の決算を引き続き振り返ってみたい。今回は、この四半期の営業赤字計上企業についてを取り上げたい。

この四半期に営業赤字を計上した企業は、データ集計対象の37社中、11社となった。前四半期から社数の上では変化がなかったが、黒字転換を果たした企業が3社、赤字転落した企業が3社と顔触れには変化が出ている。

第1四半期決算で大幅な黒字転換を果たしたのは、Aiming<3911>だ。Aimingは、新作開発費など先行投資の影響から前四半期まで2四半期連続で営業赤字計上となっていたが、新作『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン(カゲマス)』の運営成績が好調に推移したこともあり、大幅な黒字転換を達成した。なお、続く第2四半期は新作2本(『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか バトル・クロニクル』と『かみながしじま ~輪廻の巫女~』)をリリースしており、そのサービス開始に伴う広告宣伝費の増加から利益率が低下する見通しだ。

そのほか、coly<4175>とマイネット<3928>がこの四半期は黒字転換となった。

一方、この四半期で大幅な赤字転落となったのは、マーベラス<7844>だ。マーベラスは、新作『サクライグノラムス』が大きな誤算となったことが否めない。『サクライグノラムス』は、2月27日のリリース後に想定を大きく下回る推移となり、ゲーム資産残高の一括償却を余儀なくされた。その後、サービス開始から約2ヵ月となる4月28日にそのサービスを終了している。これは迅速な“損切り”と受け止めることもでき、次の2024年3月期の第1四半期で収益がどこまで改善しているのかが注目されるところ。

ほか、ボルテージ<3639>とイマジニア<4644>がこの四半期は営業赤字に転落している。

株式会社マーベラス
https://www.marv.jp/

会社情報

会社名
株式会社マーベラス
設立
1997年6月
代表者
代表取締役社長 執行役員 兼 デジタルコンテンツ事業本部長 佐藤 澄宣
決算期
3月
直近業績
売上高253億4100万円、営業利益24億8800万円、経常利益29億3100万円、最終利益19億2500万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7844
企業データを見る
株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/
自分たちの面白いをカタチに変える
自分たちの面白いをカタチに変える

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高136億6800万円、営業利益4億円、経常利益3億1500万円、最終利益6億100万円(2022年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3911
企業データを見る