ネクソン、ソーシャルゲーム大手のインブルーを買収…モバイルソーシャルゲームを強化へ

ネクソン<3659>は、本日(6月28日)、インブルーの発行済全株式を大冨智弘氏と天白進也氏から取得し、子会社化することを明らかにした。取得価額は明らかにされていない。

インブルーは、『戦国美女絵巻』や『幻想美女パラダイス』、『三国志ポケッツ』などを「GREE」を中心に展開しており、モバイルソーシャルゲーム業界において優れた開発力を持つ有力SAPのひとつとして知られている。先日の「GREE Platform Award 2011」でも『戦国ポケッツ』が特別賞を受賞しているほか、新作『銀河騎士レギーナ』はFP版GREEランキング(男性)の20位に入っている。

ネクソンは、インブルーの開発力を最大限に活かすことで、日本におけるモバイルソーシャルゲーム事業基盤を強固なものとし、今後の事業を拡大するため、インブルー株式を取得することにした、としている。今後、主力のPCオンラインゲーム事業に加えて、モバイル、ソーシャル・ゲーム市場での基盤確立にも注力していく方針。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る
株式会社インブルー
http://inblue.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社インブルー
設立
2010年1月
代表者
池田秀行
直近業績
非公開
上場区分
非上場
企業データを見る