18年5-7月決算、ユークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ユークス、2Qは売上高0.9%増、各利益項目とも赤字幅は縮小...

ユークス、2Qは売上高0.9%増、各利益項目とも赤字幅は縮小 ARエンタテインメント創出でエイベックス・エンタテインメントとタッグも

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ユークス<4334>は、9月7日、2018年1月期の第2四半期(2~7月)の連結決算を発表、売上高6億4500万円(前年同期比0.9%増)、営業損益3億6100万円の赤字(前年同期4億7100万円の赤字)、経常損益2億1200万円の赤字(同4億8600万円の赤字)、最終損益1億3800万円の赤字(同3億2300万円の赤字)となった。
 

受託ソフトにおいて、主力シリーズの最新作「WWE2K18」(XboxOne・PS4用)が2017年10月に発売され好調に推移した。また、次回作「WWE2K19」は、本年10月の発売を予定している。3Dアクションシューティングゲーム「EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN」(PS4用)の開発は、第4四半期の完了に向けて進んでいる。

自社コンテンツの「AR performers」では、2018年8月18日、19日にベルサール高田馬場にて4度目となるライブ公演「KICK A'LIVE」を開催した。同コンテンツについては、同社が開発したAR Live System「ALiS ZERO」(アリスゼロ)を利用したARエンタテインメントの創出を目的に、エイベックス・エンタテインメントと共同プロジェクトを展開する。アニメ化についてもすでに決定している。また、「AR performers」は一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催するCEDECアワードにおいて、ゲームデザイン部門の優秀賞を受賞した。

パチンコ・パチスロ分野については、1タイトルの画像開発プロジェクトが終了した。

なお、2019年1月期の通期の予想については、従来予想を据え置いており、売上高44億1900万円(前期比31.9%増)、営業利益2億7600万円(同4.8倍)、経常利益3億6000万円(前期2900万円の赤字)、最終利益2億4100万円(同2500万円の赤字)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年5-7月決算ユークス

企業情報(株式会社ユークス)

会社名 株式会社ユークス
URL http://www.yukes.co.jp/
設立 1993年2月
代表者 谷口行規
決算期 1月
直近業績 売上高33.99億円、営業利益6.57億円、経常利益6.85億円、当期純利益4.74億円(2014年1月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4334

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事