19年4-6月決算、ソニーグループに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、1Q営業益は18%増の2309億円 モバイル向けイメ...

ソニー、1Q営業益は18%増の2309億円 モバイル向けイメージセンサー大幅増収 PS4ハード販売予測引き下げに伴い通期売上高を下方修正

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー<6758>は、本日(7月30日)、第1四半期(4-6月)の連結決算(SEC基準)を発表し、売上高及び営業収入が前年同期比1.4%減の1兆9257億円、営業利益が同18.4%増の2309億円、最終利益が同32.8%減の1521億円だった。

 


同社では、イメージング&センシング・ソリューションが大幅増収となったことを受けて、営業利益が大きく伸びたとしている。家電などエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューションの大幅減収もあり、売上高はマイナスだった。

他方、最終利益については、前年同期に計上されたSpotify株式の評価益と売却益が今期は計上されなかったことによる。

2020年3月通期は、売上高及び営業収入が前期比0.8%減の8兆6000億円、営業利益が同9.4%減の8100億円、最終利益が同45.4%減の5000億円を見込む。売上高及び営業収入を2000億円引き下げた。

 


これはゲーム&ネットワークサービス分野と、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション分野の売上高の見通しを引き下げたことによる。自社制作以外のゲームソフト販売とPS4ハードの販売台数を引き下げた。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニーグループ19年4-6月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事