19年12月-20年2月決算、クリーク・アンド・リバー社に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > クリーク&リバー、20年2月通期は売上・利益とも過去最高 ス...

クリーク&リバー、20年2月通期は売上・利益とも過去最高 スマホゲーム不振も専門職への旺盛なニーズ背景に人材サービス好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
クリーク・アンド・リバー社<4763>は、4月9日、2020年2月通期の連結決算を発表し、売上高、利益ともに過去最高業績を達成した。クリエイター、医師、ITエンジニア、弁護士、会計士、建築士、ファッションデザイナー、シェフ、プロフェッサーなど専門的な能力を有するプロフェッショナルへの旺盛なニーズを背景に各分野の売上高が好調に推移し、売上高は、前の期比11.4%増の329億4600万円と2桁の伸びとなった。

これに伴い、営業利益は同32.0%増の20億8300万円だった。韓国の現地法人CREEK & RIVER KOREAがライセンス展開するスマホゲームのグローバル配信が当初より遅れたことや、子会社クレイテックワークスの自社開発スマホゲーム「パレットパレード」が大幅に想定を下回るなど、一部に課題を残したが、増収効果でカバーし大幅な増益となった。

このほか、経常利益が同23.7%増の21億0300万円、最終利益が同40.2%増の13億5900万円と大きく伸びた。

 


続く2021年2月期は、売上高400億円(前期比21.4%増)、営業利益26億円(同24.8%増)、経常利益26億円(同23.6%増)、最終利益16億円(同17.7%増)を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大の影響については、現時点では数値化することが極めて困難であるため、業績予想には織り込んでいないとのこと。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年12月-20年2月決算クリーク・アンド・リバー社

企業情報(株式会社クリーク・アンド・リバー社)

会社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
URL http://www.cri.co.jp/
設立 1990年3月
代表者 井川幸広
決算期 2月
直近業績 売上高175.32億円、営業利益9.92億円、経常利益10.35億円、当期純利益3.34億円(2013年2月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 4763

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事