エイチーム、IP×グローバル×マルチデバイスの新作は「最大規模の大型タイトル」に(中内事業部長) 今期リリースの新作はIPを活用したスマホ向けカジュアルゲーム



エイチーム<3662>は、本日(12月6日)開催した第1四半期(8~10月)の決算説明会で、新作ゲームタイトルについて、これまでのようにスマートフォンアプリとしてだけではなく、グローバルかつマルチデバイスで展開する方針をあらためて示した。これまで注力してきたオリジナルではなく、IPを活用したタイトルにする。

新しい方針に基づく新作については、1タイトルは開発に着手しているそうだ。「過去最大の規模のチーム」(エンターテインメント事業本部長の中内之公氏)で取り組む、大型タイトルになる。「先方との関係でどういった開発状況にあるのかは言えない」ものの、2021年7月期以降にリリースする予定だ。

もう一つのタイトルについては、企画段階にあるそうだ。具体的には、協業相手と交渉を行っている最中とした。2021年7月期中のリリースは難しくなりそうだという。

なお、今期中にリリース予定の新作は、いわゆるIPタイトルだが、マルチデバイスではなく、スマートフォン向けのカジュアルゲームとして配信する予定。詳細は近々発表する予定だ。
 
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る