エディア、第2四半期の営業益は150%増と大幅増 『アイドルうぉーず』周年好調でゲーム収益改善 「DIG-ROCK」や「レベル1の最強賢者」も貢献

エディア<3935>の第2四半期(2021年6~8月)の連結決算は、営業利益が同150%増の1500万円と大幅増益となった。不採算タイトル閉鎖と『アイドルうぉーず』の周年が好調でゲームサービスの収益が改善したことに加えて、コミック・電子書籍・ドラマCD・グッズの売上が好調に推移したことが主な要因だ。新規事業に伴う先行コストを吸収したことが主な要因だ。
 


ただ、売上高については前年同期比6.2%減の6億5300万円と減収となった。ゲーム事業で不採算タイトルの閉鎖を行ったことで売上が低下したほか、コロナ禍の影響でコラボカフェ、MAPLUSキャラdeナビ、イベント関連の売上が低迷したという。
 

▲ゲームサービス売上高は不採算タイトル閉鎖で前年同期ではマイナスに。前四半期比では『アイドルうぉーず』の周年イベント効果で復調した。

 
▲オリジナルコンテンツ「DIG-ROCK」も好調だ。単独イベント(配信)、グッズ展開が伸びた。続編ドラマCD・ミニアルバム制作しているほか、公式ファンクラブも始動したという。

 
▲グッズ部門では、『鬼滅の刃』『SHOW BY ROCK』『へやキャン△』など大人気IPグッズ・イラスト集の販売が好調だった。

 
▲出版事業は人気ライトノベルシリーズ続巻、ネット小説大賞受賞作品発刊により堅調に推移した。

 
▲「レベル1の最強賢者」が好調だったそうだ。コミック1巻については好評につき緊急重版を行ったそうだ。
株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る