カヤック、ハイパーカジュアルゲーム第4弾『Masking Print』を2020年11月にリリース 2021年も年間で3~4タイトルのリリースを計画

カヤック<3904>は、2月15日、2020年12月期の連結決算を発表した。その中から今回はハイパーカジュアルゲームについての話題を取り上げたい。

同社のハイパーカジュアルゲームは、これまでリリースされてきた『Park Master』『Noodle Master』『Paint Dropper』に加え、2020年11月に4作目となる『Masking Print』がリリースされた。ただ、『Masking Print』の初動については、これまでのタイトルと比べると、スローな立ち上がりになっているとのこと。今後はユーザー獲得のクリエイティブやアプリの改善を加え、DL数の引き上げをはかっていくとしている。

なお、ハイパーカジュアルゲームについては、2021年も年間で3~4タイトルのリリースを計画しているという。




株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高87億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益7億4000万円、最終利益5億500万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る