【決算レポート】任天堂、21年3月期は営業利益が81%増の6406億円 ミリオン36本とソフト販売好調、ハード拡販に波及 リピート&デジタル販売で収益性向上



任天堂<7974>は、5月6日、2021年3月期の連結決算を発表するとともに、決算説明資料を公開した。発表した決算は、売上高1兆7589億1000万円(前の期比34.4%増)、営業利益6406億3400万円(同81.8%増)、経常利益6789億9600万円(同88.4%増)、最終利益4803億7600万円(同85.7%増)と大幅増収・増益を達成した。


・売上高:1兆7589億1000万円(前の期比34.4%増)
・営業利益:6406億3400万円(同81.8%増)
・経常利益:6789億9600万円(同88.4%増)
・最終利益:4803億7600万円(同85.7%増)
 


主力のNintendo Switch向けゲームソフトの販売が好調に推移し、ハードウェアの販売拡大にも大きく貢献した。ハードウェアの販売台数は2883万台(同37.1%増)、ソフトウェアの販売本数は2億3088万本(同36.8%増)となった。

ハードウェアについては、Nintendo Switchが同37%増の2032万台、Nintendo Switch Liteが37.3%増の851万台といずれも大きな伸びを見せた。

『あつまれ どうぶつの森』が2085万本(累計販売本数3263万本)、『マリオカート8デラックス』が1062万本(累計販売本数3539万本)、『リングフィット アドベンチャー』が738万本(累計販売本数1011万本)など高採算のリピート販売が好調だった。

また、「スーパーマリオブラザーズ35周年」のキャンペーンタイトルとして、この期に発売した『スーパーマリオ3Dコレクション』と『スーパーマリオ3Dワールド + フューリーワールド』がそれぞれ901万本、559万本の販売と好調な売れ行きとなった。

他社の開発したゲームタイトルの売上も伸び、ミリオンセラータイトルはソフトメーカーのタイトルも含めて36タイトルとなった。内訳は、自社が22本、他社が14本となっている。
 


また、Nintendo Switch向けソフトのダウンロード販売も伸び、デジタル売上高は3441億円(同68.5%増)となり、ソフトウェア売上⾼に占めるデジタル売上⾼の⽐率は42.8%に達した。リピート販売に加えてデジタル販売の増加も増益に寄与した。

パッケージ併売ダウンロードソフトが売上を伸ばしたほか『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の「ファイターパス Vol.2」などの追加コンテンツも好評だった。さらにダウンロード専用ソフトやNintendo Switch Onlineも貢献した。
 


なお、経常利益については、営業利益が大きく伸びたことに加えて、期末の為替が前の期に比べて円安に推移したことによるもの。毎年、為替変動の影響を受ける同社だが、今回はプラスに働いた。前の期は1ドル=108.83円だったが、この期は110.70円、ユーロについても1ユーロ=119.55円だったが、129.82円となった。
 
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る