ケイブ、21年5月通期の決算は営業損失2.25億円と赤字続く 『ごまおつ』減収、動画配信事業への投資も継続 『東方』新作ゲームの開発に着手

ケイブ<3760>は、7月13日、2021年5月通期の連結決算を発表し、売上高17億0400万円(前の期比1.5%増)、営業損失2億2500万円(前の期は2億7100万円の損失計上)、経常損失2億3300万円(同2億7500万円の損失計上)、最終損失2億4400万円(同2億4400万円の損失計上)と微増収・赤字幅縮小となった。新規事業である動画配信事業への投資を継続的に行った一方、主力のゲーム事業の赤字幅が縮小した。


・売上高:17億0400万円(同1.5%増)
・営業損失:2億2500万円(同2億7100万円の損失計上)
・経常損失:2億3300万円(同2億7500万円の損失計上)
・最終損失:2億4400万円(同2億4400万円の損失計上)

 
※2019年5月期以前は単体決算。


■ゲーム事業
ゲーム事業セグメントでは、主力サービスであるスマートフォンゲーム『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』は2021年4月にサービス開始から6周年を迎え、継続的なアップデートや定期的なイベントなどにより一定の規模を維持していたが、下期で施策やイベントが振るわなかったことにより売上高が減少した。現在は運営体制を見直し、施策の品質向上やユーザーを飽きさせないアップデートなどの改良を行いつつプロモーションを強化し、売上の回復を目指している。

次にKADOKAWA及びフォワードワークスによる新作スマートフォンゲームアプリ『ワールドウィッチーズ UNITED FRONT』については、サービス開始直後には想定どおりの売上を獲得し、順調に運営受託を継続していたが、運営方針の変更により、2021年6月30日をもってフレンズライトへの運営移管を決定した。

これらの状況を踏まえ、新たにゲーム事業の売上を獲得するために、シューティングゲームの金字塔『東方Project』のIP許諾を受け、新規ゲームの開発に着手している(関連記事)。また、同社を含む3社が出資者となるスマートフォンゲーム製作委員会(名称未定)については、現時点でリリース時期は未定となっているが、開発は順調に進行している。

これらの結果、ゲーム事業セグメントにおける売上高は13億6100万円(前期比17.1%減)となり、セグメント損失は1億0500万円(前年同期はセグメント損失2億円)となった。


■動画配信関連事業
動画配信関連事業セグメントでは、同社独自の対面占いライブ配信プラットフォーム『占占(sensen)』が2021年3月にプレオープンし、売上を伸ばしている。現時点ではサービス品質向上のため投資を継続しており、今後さらなるユーザー数を獲得するために有名タレントを起用したプロモーションを強化し、売上拡大を目指している。

次に2020年12月29日に設立した海外子会社である凱樂數位股份有限公司(英語表記:Cave Interactive Taiwan Co., Ltd.)については、同社の執行役員でもあるアンドリュー・チャン(張牧寧)、17media の共同創業者であるヨーク・チョウ(周宥宇)、台湾の大手オンラインゲーム会社ガマニアの技術研究開発責任者であったギルバート・シャ(謝宗宏)等の指揮のもと、アジア圏を始めとするグローバル展開を視野に入れたライブ配信アプリを開発しており、順調に進行している。

また2019年11月に設立した連結子会社であるcapableについては、2期目を迎え新型コロナウイルス感染症の影響により案件交渉の遅延が見られたものの、着実に売上を伸ばしている。今後も有名タレントを起用し、動画再生数を伸ばし、動画チャンネルを企業のプロモーション等に活用してもらうことでさらなる売上の拡大を目指す。

これらの結果、動画配信関連事業セグメントにおける売上高は3億4200万円(同805.0%)となり、セグメント損失は1億2000万円(同セグメント損失7100万円)となった。


■2022年5月期の見通し
2022年5月期の見通しは非開示。現時点で合理的な業績予想の算定ができないため、としている。
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る