Aiming、「箱庭型アバターゲーム」を共同開発中と発表 「堅実な売上増加を期待」(椎葉社長) IPゲームや著名プロデューサー起用の新作も準備中

 

 

 Aiming<3911>は、この日(7月30日)、新作パイプラインとして、新たに「箱庭型アバターゲーム」を共同開発していることを明らかにした。Aimingがパブリッシャーとなり、2021年中に配信する予定。

説明にあたった椎葉忠志社長は、「箱庭型アバターゲーム」のタイトルやゲーム内容については言及しなかったが、やや女性向けに寄ったタイトルになっている、とした。

それほど大きな開発規模ではないことから、「ものすごく大きな売上や成功があるジャンルではないが、クオリティの高いゲームを得意とする会社と組むことで堅実な売上増加を見込める」と述べた。

さらに準備しているタイトルもあり、2022年から2023年に向けて3~4タイトルを配信する計画。IPタイトルや有名なプロデューサーを起用したタイトルなどを用意しているそうだ。

このほか、受託も行っており、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』題材のゲーム開発のほか、台湾で行っているグラフィックの制作も行っている(年間売上高で1~2億円の見込み)。

 

株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高119億300万円、営業利益16億7300万円、経常利益16億5300万円、最終利益16億9300万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3911
企業データを見る