【速報】スクエニHD、第2四半期のスマホゲームの売上は12.8%減の292億円 既存タイトル弱含む、複数タイトルのリリースで下期巻き返しへ

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、第2四半期(21年7~9月)におけるスマートフォン・PCブラウザゲームの売上高は、前年同期比で12.8%減の292億円となったことを明らかにした。前期の第1四半期(2020年4~6月)から300億円を維持してきたが、久々の300億円の大台割れとなった。

 

 

同社では、既存のタイトルが弱含んだだため、としている。この四半期でリリースした新作タイトルは、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>との共同開発タイトル『ドラゴンクエスト ダイの大冒険-魂の絆-』のみにとどまっていた。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険-魂の絆-』も好調な出足だったが、1タイトルのみでは全体の低下をカバーできなかったようだ。下期において、複数の新作タイトルのリリースを予定しており、巻き返しを狙っていく考え。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3325億3200万円、営業利益472億2600万円、経常利益499億8300万円、最終利益269億4200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9684
企業データを見る